脱サラ起業に失敗しないために準備しておきたい3つのこと

脱サラ起業に失敗しないために準備しておきたい3つのこと

最近でこそ、大学時代に既に学生起業をして起業家人生がスタートする人が増えつつありますが、起業する大半の人達は脱サラをして起業することになります。
その脱サラ起業で失敗しないために準備しておきたい3つのことをご紹介します。

脱サラ起業の理由

・業界を研究し人脈もできたから
・資金を準備できたから
・サラリーマンは向いていない・・・から
・人生、一度きりなら勝負したいから
・とにかく、稼げる可能性に賭けたいから

周到に準備をして起業する人、起業せざるを得ない人、理由は様々ですが、いずれにしても脱サラ起業後に事業を継続して行っていくことは、そう簡単なことではありません。
しかし、この3つのことを準備しておいても絶対に成功するとも言えませんが、過去に起業に失敗したことのある人達の多くが、この3つことを『しっかり準備していればよかった・・・』と後悔しています。

1.生活費の見直し、洗い出し

サラリーマンをしている時は、毎日仕事をして決まった日に給料をもらうということだったと思います。
しかし、脱サラ起業すると、仮に給料日を月末と設定していても、万一、事業に関する支払があればそちらを優先しなければいけないため、その決まった給料日は決まっていないとも言えます。

そこで、一度、これまでの生活費の見直し、洗い出しを起業前にしておきたいところです。
月々遣っている生活費の内訳の中で、「絶対に必要なもの」「なくても生活できるもの」「単なるぜいたく品」といった形で分類してみると、結構な無駄が必ず1つや2つあります。

あなたが起業するビジネスが素晴らしいものであっても、起業後数ヶ月はやはり売上をつくるのに苦労します。
その間に資金がショートして事業撤退・・・という悲しいことにならないように、気を引き締めて生活費も締めてかかることは必要です。

2.事業継続に必要な売上数値を具体的にはじき出す

ざっくりと「300万円が売上目標!」ということではなく、事業運営には業態によって商品仕入や人件費など様々な経費がかかります。ここをざっくりと考えてしまうようでは、つまずいてしまう可能性が高くなりますので、『事業を継続していく上で必要な(最低)売上数値をはじき出す』

この数値を明確にすることで具体的な目標ができるため、あとは目標売上に向かって走るのみです。

3.心を疲弊させないための準備

起業は、一生懸命頑張ったからといって必ずしも求める結果が出るとは限らないのが現実です。
その考え方を頭の片隅にない場合、「なぜ、こんなに頑張っているのに売れないんだ!」といった思いに、どんどん心が疲弊していきます。
そうなると悪循環に陥ってしまいますので、「いつか、この商品の良さを分かってもらえる日がくるはず」といった柔らかい考え方をベースにすると少しはマシです。

事業を継続していく中では、柔軟な発想が必要になるケースは必ずありますので、この点の考え方も最初に身につけておきたいところです。

過去に失敗した人達を反面教師にしながら、事業成功へ寄り道せず走ってください。