起業家必読の「資金調達」方法まとめ

起業家必読の「資金調達」方法まとめ

起業に必ず必要なものが『資金』です。
自己資金で補えるビジネスもあれば、第三者からの出資・借入で資金を調達しなければいけないケースなど様々です。

ここでは、起業家が頭の中に置いておきたい資金調達の方法についてまとめてみました。
既に起業し事業を行っている人も、起業を目指している人も一度確認しておきましょう。

企業の資金調達には、大きく分けると以下の2種類に分類することができます。

・借入(返済必要)
・出資(返済不要)

どちらも、企業に対して、ビジネスに対してお金を提供してもらうことに変わりはありませんが、返済が必要か不要かという点は大きく違ってきます。
まず、「周囲でどのような人や機関がお金を提供してくれるのか?」についてご紹介します。

1.自己資金

起業に必要な資金をすべて自分自身で準備する場合、再三者からの借入ではありませんからリスクは最低限です。
しかし、事業の内容によっては、自己資金だけでは事業を進めることが難しい規模の場合もあります。そんな時は、一部を自己資金、その他を第三者からの資金調達も視野に入れておくことも大切です。

2.家族や親戚、友人など

家族や親戚、そして友人などに「起業するからお金を貸して欲しい」と言っても、なかなかスムーズにいかないことの方が多いでしょう。少なくとも、あなたのことやあなたのビジネスを応援してくれるように、事業計画や返済計画などを緻密に考え伝えることが大切です。

3.個人投資家、ベンチャーキャピタル(VC)

例えば、あなたのビジネスアイデアがとても画期的で、これからの社会を便利に変えるほどのビジネスであったり、相当な収益が見込めるビジネスであった場合、個人投資家やベンチャーキャピタルがあなたの会社に出資を行ってくれることもあります。
では、それらの人はあなたの会社に何を期待して出資してくれるのか?
そのひとつが、あなたの会社が株式市場に上場し、出資の際に取得した株式に応じて配当を得たり、株式を売却して利益を得る(キャピタルゲイン)ことです。

4.金融機関

創業間もない企業の場合、金融機関もなかなか貸してくれないのが実情です。
起業のタイミングで銀行などからはなかなか借入が難しいですが、国の機関である日本政策金融公庫などは、創業時に利用できる融資制度を整備しているため銀行などの金融機関より比較的借入がしやすいこともあります。
しかし、もし借入が可能だったとしても、借入の相談から融資実行までの期間が約1ヶ月~2ヶ月程度はかかりますので、それを考慮して動き始める必要があります。

事業の成長に合わせた資金調達が大事

融資、出資そのどちらにも言えることですが、やはりお金を提供する側は、企業の事業に対する「実績」を見たいのが本音です。
実績がないよりはあった方が資金調達しやすいことは言うまでもありません。

そこで大事になるのは、あなたの会社・ビジネスの『成長ステージ』に合わせて適した資金調達を計画することです。
企業の成長ステージは、以下の5つに分類されます。

1.シード

シードステージは、「創業準備段階」ということです。
ビジネスモデルや事業コンセプトを固めている段階では、資金需要はないでしょう。しかし、会社を設立するにも設立登記申請費用は必要ですし、あなたのビジネスモデルが実行可能かどうかを調査する際に調査費用などが必要になることもあります。

2.スタートアップ

スタートアップステージは、会社設立後から事業が軌道に乗るまでの時期のことです。
創業後、初月から黒字の企業はなかなかありません。そのため、営業活動など企業を維持するための運転資金などが必要です。あなたのアイデアが特許権などの取得が必要な場合、特許取得費用も必要になります。
ベンチャーキャピタルなどは、このスタートアップ期に出資の判断を行うこともあります。

3.アーリー

アーリーステージでは、本格的に事業展開を行っていく時期ですが、まだまだ資金繰りが厳しい状況です。
現状から今後の展望なども薄っすらとは見える時期ですので、日本政策金融公庫などの金融機関からの融資も比較的受けやすくなります。

4.グロース

グロースステージは、事業も軌道に乗り売上も伸び始める時期です。
しかし、単年度で黒字化になったとしても、売上の増加とともに事業を拡大するための人材雇用など運転資金や設備資金も増加するため、キャッシュフローは赤字であることもあります。
グロース期は、事業内容によっては融資も受けやすくなっていますが、資金調達を融資だけに偏らせず、ベンチャーキャピタルからの出資と融資を組み合わせるのもひとつです。

5.レイター

創業からの累計での損失も解消され、キャッシュフローも黒字化になります。
グロース期以前にベンチャーキャピタルからの出資で資金調達をしている場合、IPO(株式公開)が前提になりますので、レイター期でIPOを行い株式市場からの資金調達になります。

まとめ

資金調達にも様々な方法があり、まずは、あなたの事業や会社の規模、そして現在のステージをしっかりと把握して戦略をもって考える必要があるといえます。
借りるのか、出資を受けるのかで大きく違いますが、創業前や創業間もない企業が銀行などの金融機関から借り入れるのは至難の業です。そうなると、エンジェル投資家など個人投資家から出資を受けることができるかどうかが、資金調達の成功にも直結してくるため、より多くのエンジェル投資家に出会うことが何よりも重要になってきます。
米国などに比べると日本国内ではエンジェル投資というものがまだ浸透していないように感じる方も多いと思いますが、当サイト・資金調達マッチングなどの起業家と投資家をつなげるマッチングサイトには多くのエンジェル投資家が登録しています。投資家が『投資する先を探している』ことは紛れもありません。この資金調達マガジンが、資金調達をお考えの起業家や経営者の資金調達成功に繋がることを願っています。