第三者割当増資ってナニ?そのメリットとデメリット

第三者割当増資ってナニ?そのメリットとデメリット

企業の資本を強化する政策として様々な方法がありますが、今回は、『第三者割当増資』についてご紹介いたします。

第三者割当増資とは?

第三者割当増資とは、特定の第三者に対して企業の新株を発行して増資を行う方法です。割当を引き受ける特定の第三者とは、オーナー、役員、従業員、従業員持株会、取引先、金融機関、エンジェル投資家、ベンチャーキャピタルなどです。

第三者割当増資のメリット

通常、第三者に金銭等を出資してもらう代わりに新株を発行しますが、その資金の性質が「融資」ではなく「出資」であるため、返済義務が生じません。

第三者割当増資のデメリット

現在すでに発行している株式以外に新株を発行するため、オーナーや既存株主の保有比率にも変化が起こります。1株あたりの配当の希薄化、増資額にもよりますが、税負担の増大、オーナーの保有比率減少によって経営支配権へ影響を及ぼすこともありますので細かく計画しておくことが大切です。

第三者割当増資の目的

1.資金調達のため

2.オーナーの持株比率を上げるため

3.特定の第三者に株式を保有させるため

上記の3つが主な目的です。
いずれにしても、資金を調達できることに変わりはなく、新たなに起業する場合は該当しませんが、既に事業を行っている企業の場合、第三者割当増資は一般的な資金調達方法のひとつになります。