エンジェル投資家とは

エンジェル投資家とは

新しいアイデアでビジネスを立ち上げる時、自己資金だけで事業をスタートさせることができれば良いのですが、現実的に考えると結構高い壁が立ちはだかります。

そんな時には「借入」か「出資」かの違いはあれど様々な形での資金調達方法があります。
(関連記事)・起業家必読の「資金調達」方法まとめ

ただ、資金調達をするといっても、まだ社歴も浅く実績も少ないベンチャー企業では、銀行をはじめとする金融機関から借入を行うことはハードルの高いことです。政府系の公的機関からだと少しは可能性が上がりますが、一度は起業を考えたことのある人であれば、銀行や公的機関からの借入ではない『エンジェル投資家』という言葉をご存知だと思います。

そもそも、エンジェル投資家とは一体どんな人なの?

エンジェル投資家とは、まだ創業して間もないベンチャー企業などに資金を提供する個人投資家のことです。「資金を提供した見返りに事業が上手くいった時に乗っ取られるんじゃないの?」と不安を持つ方も中にはいるかもしれませんが、そんなことはありません。
もちろん、エンジェル投資家もボランティアではありませんので、エンジェル投資家から資金提供を受けた企業は、その見返りとして会社の株式や社債を提供します。多くのエンジェル投資家は、自身でも過去に起業した人であったり、現役の経営者であったりします。
いわば、〝起業の先輩〟です。経験者だからこそアドバイスできることもありますので、エンジェル投資家から出資を受けた起業家は資金以外にも、経営者としての貴重なアドバイスを受けることができるのもメリットです。

エンジェル投資家のメリットは?

そんなエンジェル投資家が資金提供を行う目的をいくつか挙げると、
・製品やアイデアが社会を便利に変える可能性を感じたため
・事業が成長し、出資に対する配当(利益)を得るため
・エンジェル税制による所得税の減税措置を受けるため
 …etc

既に自ら事業を成功させたエンジェル投資家などは十分な資産を築いているため、金銭的利益を大前提にしていない傾向にもあります。
事業を成功させた人たちの多くが、次に社会貢献を考えます。社会に素晴らしいサービスを提供する人材を育てることも、大きな意義のある社会貢献の形です。熱意としっかりとした事業計画を持つ起業家、ベンチャー企業であれば、そんなエンジェル投資家から事業に必要な資金の出資を受けることも決して夢のような話ではないのです。

日本にエンジェル投資家はどれくらいいるの?

米国に比べると、日本国内のエンジェル投資家の数はまだまだ少ないといえます。しかし、最近では日本でも国をあげてエンジェル投資を定着させるための環境整備に力を入れており、起業家とエンジェル投資家をマッチングするサービスも立ち上げられ、動きが盛んになっています。
資金調達マッチング」を含む、マッチングサービスを利用して起業を実現する起業家や、情熱ある起業家へ出資するエンジェル投資家が多く生まれています。

どれほど優秀なアイデアや製品でも、「ヒト・モノ・カネ」この3要素を満たしてこそ、事業の成長・発展が現実に近づきます。
資金調達マッチングは、起業家とエンジェル投資家のマッチングで社会に少しでも貢献できればと運営しています。