日本国内初、活エビ(食用オニテナガエビ)の生産・販売

起業家詳細

起業(事業)内容・P R
法律改正により、2年前から、生きたオニテナガエビの輸入が規制され、現在、大量の生産・販売をしている業者さんが居ません。そこで、私たちは、2年間の計画を立て、研究と模索を繰り返して来ましたが、採卵~稚エビの生存率の向上に成功し、平成30年5月に、23万匹の生産に入っております。 次年度の150万匹生産の屋内生産施設と、出荷販売に掛かる経費(運転資金)等、約600万円の出資者を探していります。期間はH30年7月~11月末までの運用です。それ以降の出資も、可能ですが、双方の利益の良い話し合いにて、決めていきたいと思っております。
 また、販売に関しましては、東京の築地市場のエビ担当バイヤーさんとの打ち合わせも、済ませ、来月、現地視察・現物視察の話で、進んでおります。
 販売価格については、現在冷凍エビの最低取引価格が、
1kg(50g×20匹)で2,600円で取引されているので、生きたオニテナガエビ(活エビ)なので、最低でも2,600円はくだらないで取引できる。活エビで初物でもあるから、1㎏当たり6,000円位にはなるのではないかとの、お言葉をいただいております。
 オニテナガエビは1匹90グラムサイズでの販売計画しており、1kg(90グラム×12匹)と試算し
2,600円÷12匹=215円(1匹当たり)
23万匹×215円×0.7(7割が販売出来たと仮定
すると、34,600,000万円の売上高になります。
生産から販売までの全経費が15,000,000万円必要
なので、利益は、約20,000,000万円になります。
これは、最低価格での販売試算です。高値500円の場合は
1億円に、届く販売価格になります。
 それと、最大の売りは、採卵から活エビの生産を成功して
販売している業者が、日本国内にない点です。
 大量生産の技術も確立しているので、ぜひ、お願いいたします。1名様の出資を希望しておりますので、双方の利益配分等の折り合いがついた時点で、決定させていただきます
よろしくお願いいたします。

自己資金 500万円 形態 個人
年齢 52歳 性別 男性
都道府県 鹿児島県 現職 水道工事業

事業内容詳細

案件ID No.071733
出資希望金額 600万円
(開始)予定時期 h29年12月
起業(事業)対象エリア 鹿児島県・種子島

予想収益
販売利益2千万~(純利益)

出資者への還元
双方の話し合いで、決めたいと思います。
元金保証確実です。

この起業家へメッセージを送る