【MADE IN JAPAN】ブランドを確立し、世界中の富裕層へ お届けする、インテリアやオブジェの製造販売会社の 設立を目指しています。国宝の修繕や国の重要文化財の 補修を依頼される、日本最高峰の伝統工芸士の職人技。 それに日本人デザイナーとのコラボで、新しい価値を 創造して、世界の富裕層へアピールして行く事業です。

起業家詳細

起業(事業)内容・P R
http://erickson-consulting.online/made%20in%20japan/

元々粗利の高いインテリア業界に新しい付加価値を加え
更に原価率を抑えて製造販売が可能です。
日本国内には、皇室の家具を製造する木工会社等もあり
外注を受けてくれるOEM供給体制は整っています。
デザインも日本人、職人も日本人、製造も日本人がする
ALL JAPANの体制を整えて、世界のセレブ向けに販売。
また、既存のブランドは一等地に店舗を構えたりして
高額な費用を投入しますが、現代ではWEBやITの進化
世界のグローバル化でプロモーションやマーケティング
での費用は最小限に抑える事が可能。
また、世界中の見本市や展示会に出展をしてお披露目を
して行く事でマスコミの衆目を浴び、大きな宣伝効果が
見込めるはずですし、2020年のオリンピックを控えて
それらの諸外国での告知に対する助成金や補助金など
官公庁や出先機関で様々な施策を利用出来るチャンス。
それを経て、ブランドが浸透してくれば世界のセレブや
それらの方々から依頼される建築家やコーディネイター
商業施設からの大口の注文も期待出来ます。
すでに、日本国内には技術も素材も揃っていますが
それらを結び付けて海外に発信している企業は少ない。
1つの企業だけで出来ない展開を、日本中の職人達と
一緒に作り上げていくので、今後の展開も無限です。
日本の宝である職人技を最大限に活用し、職人たちの
生活の安定にも繋げ、伝統工芸の技の継承にも繋がり
社会に貢献出来る事業となるでしょう。

自己資金 0万円 形態 法人
年齢 51歳 性別 男性
都道府県 岡山県 現職 2社の経営者

事業内容詳細

案件ID No.102422
出資希望金額 3億円
(開始)予定時期 準備完了次第
起業(事業)対象エリア 京都本店で対象は世界

予想収益
3期目に黒字化を目指す。

出資者への還元
個人お一人、個人複数、ファンド等は問わず、株を保有してもらい、3期目の成果を持ってIPOやM&Aか配当で還元を考えています。

この起業家へメッセージを送る