当社のメタン発酵技術を活用した資源とエネルギーの地域循環構築事業

起業家詳細

起業(事業)内容・P R
当社は、地域で発生する有機系廃棄物等のバイオマスを主原料としてメタンガスを生成するメタン発酵ガス化プラントを全国各地に設置したうえで、このメタンガスを燃料として電気と熱を地域に供給する再生可能エネルギー事業者です。
 一方で、地域にエネルギーを供給するプロセスで得られる副産物である有機肥料を用いた農産物の生産等も同時に行うことで、地域内での資源循環も構築していきます。このような活動を通して、都市部と農村部の区別なく、地域単位でエネルギーと食料の地産地消割合を向上させることで、各地域の経済振興および非常時におけるエネルギーと食料の確保を実現することが私たちの事業目標です。
 当社は昨年度にメタン発酵技術開発のためのシード資金(220百万円)を調達しており、これまで経済産業省から「異分野連携新事業分野開拓計画」認定を受けたほか、大手私鉄が募集したベンチャー企業との事業共創プログラムでの受賞(業務提携)や、総務省「分散型エネルギーインフラプロジェクト・マスタープラン策定事業」の委託先地方公共団体からの委嘱を受けるなど、当社技術と事業モデルに関しては公的機関を含めて第三者からのしっかりした検証と評価をいただいております。
 さらなる成長ステージに進むべく、このたびメタン発酵ガス化プラットフォームの一号機および二号機を設置いたしますが、その資金の一部として投資家の皆様からのご出資を募集したいと考えております。
 前述の経済産業省「異分野連携新事業分野開拓計画」においては、IPOまで見据えた事業計画を策定しており、その準備の一環として、IPO後もある程度の株式を保有していただく安定株主となっていただける個人投資家の皆さまからのご出資は不可欠です。
 また、当社は「エンジェル税制」(優遇A)の適用企業となっており、税制面でのメリットも享受いただけます。
 もちろん法人VC等からは出資の可否のご相談をいただいているところですが、一号機の稼働前の比較的安価な企業価値の状態で、法人VCからの多額の出資を受けることは、今後の企業成長にとっては必ずしも得策ではないと考えております。
 国策としての「地方創生」を実現させるためのポイントの一つとして「エネルギーと食の自給率の向上」が多くの識者から示されていますが、当社事業はまさにその一翼を担うものと自負しております。
 多くの皆さまからのお問い合わせをお待ちしております。
 よろしくお願いいたします。

自己資金 2億2,010万円 形態 法人
年齢 51歳 性別 男性
都道府県 東京都 現職 会社役員

事業内容詳細

案件ID No.022401
出資希望金額 (お一人さま)5,000,000 ~ 20,000,000
(開始)予定時期 平成28年3月~4月
起業(事業)対象エリア 全国各地および海外

予想収益
詳細な事業計画を策定しております。
ご検討資の際の資料として開示させていただきます。

出資者への還元
配当収入がメインとなります。
なお、当社はIPOも視野に入れております。実現した際には売り出し価格にもよりますが、キャピタルゲインの確保も可能と考えます。
また、当社は今後、各地に地方自治体とのコラボでプロジェクトを立ち上げていく予定ですが、プロジェクト(SPC)に対する投資のご案内も株主様にはさせていただくことを想定しております。

この起業家へメッセージを送る