九州初!タオル花輪制作による葬儀ディスプレイ開発事業

起業家詳細

起業(事業)内容・P R
当社は現在個人事業として主に商業施設の装飾・ディスプレイ業務をやっています。そこで培ったノウハウを活かし、現在は秋田県などの東北地方で流通している葬儀時のタオル花輪を新事業として西日本(主に福岡県)で、展開していきたいと考えています。
昨今少子高齢化に伴って、家族葬という葬儀形態が定着しつつあります。
そこでその家族葬をターゲットに、東北地方で流通しているタオル花輪とはデザインを一新し、斬新で洗練されたタオル花輪を製作したいと考えています。もちろん故人にまず捧げるものですから、花輪として美しく、そして家に持ち帰れ、初七日や四十九日まで飾れ、ギフトにもでき、お身内で分けることも出来ます。
タオルはこだわりがある人が少なく、なんにでも使えて便利です。2度の試作を繰り返し、福岡のデザインアワードでは高評価をいただいたものの、なかなか商品化まで納得のいくものができません。ぜひ商品化に向けてお力添えください。

自己資金 50万円 形態 個人
年齢 50歳 性別 女性
都道府県 福岡県 現職 装飾・ディスプレイの個人事業主

事業内容詳細

案件ID No.032421
出資希望金額 1,500万円
(開始)予定時期 すぐにでも
起業(事業)対象エリア 福岡県を中心とした西日本

予想収益
売上高 1年後1,600万 2年後22,920万 3年後32,526万
    4年後37,456万 5年後 53,584万

出資者への還元
話し合いの上

当案件は、資金調達の受付を終了致しました。